2005年02月02日

アマゾンにて購入。

Neuroticfishの新譜マキシとNeuromotorなるフレンチトランスの若手のアルバム聴いてます。
正直Neuromotorはすげえ出来っつーわけでもなく、総じて勢いだけのアルバムですが、
勢い系にしては最終曲のAnalogRainの歪みっぷりが他にはない味で秀逸。

これが若気の至りとかじゃなきゃ、今後枚数重ねてバランス良くなれば大成すっかもね。
何か他の人とは違う味は持ってますので、今後に期待かな。現時点では40/100点ですわn。

最近だとGongのFlyingTeapot買いましたが、こりゃ最近の耳には合いませんでした。
もうちょっとプログレマインドの高いときに聴かないと、
単なる素っ頓狂なアンサンブルにしか聴こえまへん。

白眉はやっぱりFaustのSoFarですかね。
紙ジャケで復刻版出てたとは知りませんでしたよ。
買ったとき小躍りしながら聴きました。
やっぱ凄いです。70年代初頭にしてこの音響処理と、編集技術の高さ。
逆にこういう編成の音楽って、最近の人だと思いつかないんじゃないかしらね。

さて、来月は何買うかなー。
posted by くんろく at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月10日

ダダダ

最近無いんですよ。

気持ちイイ「ダダダ」が。

要はドラムとかのリズム隊だけで十分キモチいい音楽が。

90年代テクノでドラムンベースが流行して、
リズム隊の骨格のみでの音楽性を再認識したかと思ったけど、
今はあんまりないよね。

俺が最近アンテナ張ってないダケデスカ?

別にテクノじゃなくてもいいんだけど、
俺の聞いてる範囲には全然ないんですな。これが。

遡ればNEU!でディンガー先生がダラムでバカやっちゃってる時代とかあるけどね。

…そこまで遡らなきゃいかんわけでもなかろーに。

あーリズム隊だけでも十分イカス音楽ないですかね…
むううううううううん。
posted by くんろく at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月25日

SCHAFT聴いてます。

久々にSCHAFT聴いてました。
いいですね。

今聴いても日本にはほとんど存在しない味が出てます。
面子がSOFT BALLETの藤井麻輝、BUCK-TICKの今井 寿、PIGのレイモンド ワッツじゃあしょうがないか。

COLD LIGHT-keim-のひしゃげっぷりとか、SKFI0047でのダークなアンビエント感とか。
HERO IN INSIDEでの今井の奇天烈ボーカルに歪みきった金属音…

日本のほかのバンドじゃあ絶対に出せなかった味がここには確かにある。

そしてBROKEN ENGLISH。
原曲な単にネクラな曲なんだけど、ポップス、かつ、緊張感をタップリと織り交ぜつつ、
スキの少ないまとまった曲に仕立て上げることに成功。
メタルパーカッションは相変わらずひずんでるし、ヒトラーの演説カブったりして、
こえーんだけど、間違いない傑作。

インダストリアルとしての完成度は世界レベルから見ても確実に高いんで、
MinistryとかNINファンじゃないインダストリアルファン、必聴!
posted by くんろく at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。